「ずっと!からだ元気だより」2018.12月号

 こんにちは!からだ元気治療院です。

 街中はすっかりクリスマスムードがただよってきて、ひと雨ごとにだんだんと寒くなってきていますね。日中はだれも居ない私たちの事務所内も、小さなクリスマスツリーで飾りつけし、寒さに備えてガスヒーターを出しました。

 ところで、皆さま、寒くなるにつれて、足、むくんでいませんか?

 寒くなるこの季節、「むくみの改善を…」とケアマネージャーさんからマッサージや鍼灸を依頼されるケースが本当に多くなりました。

 なぜ寒くなるとむくみやすくなるのか…といいますと、特定の疾患(心不全、腎不全、甲状腺機能低下、リンパ浮腫、蜂窩織炎など)を除いて、寒さでふくらはぎの筋肉が硬くなり、手足の血液を心臓に戻すポンプの作用が弱まるからです。そこで、ポンプの作用を働かせるために、マッサージや鍼灸で硬くなった筋肉をやわらかくし、血流を促します。施術前と施術後で、ふくらはぎが2センチも細くなった利用者さんもいます。むくみの改善をすることで、手足の冷えも楽になる方もいます。単なる冷えやむくみとあなどらず、気になる方はお試しできますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

(下記の写真は、92歳男性の方で、むくみでパンパンだった足が、施術開始後2週間ほどでどなたが見てもわかるくらいに改善されています。)